忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
今年は、沼津市内の黄葉が一段と見事になっています。
末吉暁子の「星に帰った少女」の舞台、間門八幡神社の
銀杏の黄葉も見事に金色に色づいています。
この季節に、ぜひ間門八幡宮を訪ねて
末吉暁子が小学生時代を育った場所を、
そして、戦後の貧しい生活の中で
さらに、両親の離別という過酷な
運命に翻弄されていく隣に住む同級生の
実話を「星に帰った少女」を読まれて
感じとっていただければ、と思います。
経済発展を謳歌し、物が溢れて家う時代にあって、
今、「貧困児童」という現象が起きています。
昭和の戦後とは違ってはいるけれど、
戦後の経済戦争の中だ生まれた
「貧困児童」という問題に
「星に帰った少女」を重ねて
しまうのです。
 
 マミ子がおりてしまったバス停は、
ちょうど神社の鳥居のまんまえだった。
バス停の標識には(八幡神社前)とあった。
・・・・・そう、正面に鳥居があった、両わきには
マミ子の背たけよりやや低い石がきがあり、
鳥居の奥に石だたみの参道がお堂までつづいて
いた。参道の両がわにこまいぬが一頭づつ、
お堂の番をしているだけで、人影はなかった。
・・・マミ子がおもわず足をふみいれてしまった
のは、境内がまるで金色のペンキでもぶちまけた
ように、あざやかないちょうの落ち葉でうずまって
いたからだ。
 
 

 
  










PR
恋炭物語Ⓡの「お墨付き犬」の出番です。
来年の干支は犬ですね。
そうそう、
昨年、児童文学者・故末吉暁子さんの
登竜門となった『星に帰った少女』の
物語の舞台になった
児童文学に憧れる少年少女の聖地、
沼津市西間門の八幡神社の秋の祭典に
初登場した
八幡宮恋炭物語Ⓡ
「お墨付き 夢と幸せを叶える狛犬」を
ご紹介しますね。
ちなみに、
一匹¥2,000で
当社でも販売しています。
今年の年末・年始に
三島大社前の「大社の杜」ないの
町工場発!こだわりの雑貨の店
「鯔背家」さんで
販売してくださるか
相談してみます。
商談がまとまりましたら、
初詣帰りにぜひ購入して下さいね。
 




故末吉暁子が少女期を過ごした実家の
近くの小さな社の八幡神社ですが
「星に帰った少女」のシーンが
まだ色濃く残っています。
沼津市の2期目の燦燦大使にも
えらばれましたが、地元では
まだまだ認知度が低いのが
本当に残念です。
この神社を舞台に壮大なドラマ
に発展し、彼女が世界的な児童文学者に
のぼりつめた場所は
少年少女の聖地ともいえるのでは
ないでしょうか。

  

オフィスの机の上で愛嬌をふりまく
恋炭物語「河童のかめ」です。

 



この恋炭物語は
河津町谷津の栖足寺に伝承される
「河童のかめ」の言い伝えを題材に
富士市で瑠璃窯の作陶を
されている陶芸家の根本ルリ子さん
に創作して戴いたものです。
我社で特許・高機能液状木炭を
塗布して、ただ飾るだけでなく
消臭・電磁波フリー・調湿などの
機能性をもった
コラボ置物を作りました。
来年の河津桜まつりに
出掛けた時に
是非立ち寄って見て下さい。
河童が助けてもらったお礼に
お寺に置いて行った
せせらぎの音が、
現在でも聞こえる
不思議な壺があります。



 

そして、児童文学者・故末吉暁子の
ファンの皆様には、
彼女の代表作の一つでもある
「雨ふり花さいた」
の舞台である東北地方の座敷童や遠野物語との
接点を、違った視点で
感じ取って頂けると幸いです。

10月26日(木)
今日は
NPO日本自然素材研究開発協議会の理事会で
ニ島駅から京急蒲田の
大田区産業会館Pioに向かいました。
台風一過、秋晴れの真っ青な空に
新雪の富士山が見えました。



新幹線待ちの私の前の男性もしきりに
富士山の写真を撮っていました。
声をかけると、
今年の5月に転勤になってきたので
雪を冠した富士山が初めてとのことでした。
冬にはこんなものではないでしょうね、
問われたので、
裾野の麓まで真っ白になりますよ、
と答えると、
素晴らしい景色でしょうね、
待ち遠しですね、
と、大変うれしそうでした。

しかし、土、日の台風で
雪が吹き飛んでしまいました。
このまま、富士山の雪化粧が
深くなっていくのかな、
と思っていましたが残念。。。



10月30日(月)の富士山です。
1年以上も保管してあった
木製障子のワーロンシートを
剥がしてみたら
接着力の凄さに脱帽しました。





ワーロンシートを無理やり剥がしてみたら
組子が割れてしまいました。
ワーロンテープの経年劣化を
心配していましたが、
実際に剥がしてみることで
耐久性を証明することが出来ました。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 5 7 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]