忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
3月27日、東京都新宿区四谷の長崎県東京産業支援センターで
NPO日本自然素材研究開発協議会の理事会が開催されました。
議題は、機関紙「そらいろ」の内容の校正、第17回NPO総会
についての審議をいたしました。
いままでは、午前10時開催でしたが前回より午後1時からの
開催になりましたので、時間的には大分余裕が出来ました。
四谷の中央線沿いの桜は満開でした。

 
PR
ホームページの百年炭蔵の導入企業様に
㈱五十嵐水産様を記載しました。
沼津市の干物加工企業様はこれで2社に
なりました。
㈱五十嵐水産様は沼津に干物加工業者では
トップクラスの企業様ですので、市内の
ほとんどのスーパーに並んでおりますので
是非ご賞味下されば、「コク」の違いを
感じて頂けると思います。
又、系列のマルコ―フーズの「まるごとくん」
や同社の「ひもの革命」も百年炭蔵ひものを
ベースに製造されていますので、初期のものから
比較して劇的に美味しくなっていますよ。



 
故末吉暁子の代表作の一つ「星に帰った少女」の舞台、
沼津市の間門八幡神社の桜も満開になりました。
今年も又、秋の祭典の開催に向けて、腸内持ち回りの当番町と
新しい祭典委員が活動始める4月になりました。
故末吉暁子と故郷・沼津の関わりを忘れないように。。。
そして、こんなに小さな神社を舞台に壮大なファンタジーが生まれ
「日本児童文学者協会新人賞」・「日本児童文芸家協会新人賞」を
受賞、一躍脚光を浴びたのです。彼女の登竜門となった
この間門八幡神社は、児童文学に憧れる少年少女の聖地といっても
過言ではなとでしょう。
 10月の秋の八幡神社祭典が終わり、11月の中旬になると、
「星に帰った少女」のストーリーそのままに黄金色のじゅうたんを
敷き詰めたような境内になります。
ラブライブに踊る沼津ですが、井上靖・芹沢光治良という大文学者、
 俳人若山牧水・明石海人や詩人勝田香月、児童文学の末吉暁子など、
そこには実際に生きていた人間模様があるのですから。。。



 
今年も、沼津市の国道一号線沿いの桜並木が満開です。
原町に入ると国道一号線と沼川の間を車で通行出来る
区間があります。
今日は月曜日なので見物人が少ないので車で通行して
みました。あいにく午前中の雨で大分花びらが散って
いましたが満開の桜の真下を走れるなんて
何と贅沢な事でしょう。

 



 


沼津市東部に珍しいツィンレインボーが出現しました。
まさに、今日は次代の元号が「令和」と発表された日
でしたので、自然現象にも変化が起きたのかも・・・
会社の事務室にいた社員もちょっと手を休めて
珍しいツィンレインボーを眺めました。

 

カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]