忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
今日は、玄関に、
マツ六のポーチXを施工しました。
埋め込みタイプを採用し、
玄関ポーチの階段とドアの開閉時での
安全性を高めました。









 

PR
今日は今年一番の寒い朝になりました。
会社周辺の野原には初霜が見られます。





激動の一年もあと数日です。
惜別の友人も多かったけれど
新しい出会いもありました。
年末に来て、建材関係に変化があり、
商品の手当てや価格改定に
大変忙しい日々になっています。
まっ白な雪化粧の富士山です。
三島駅で出会った、赴任で初めて静岡の
東部地域に来られた会社員の方も
きっと毎日感激されていることでしょうね。
真正面に富士山が見れる富士市とは
違った愛鷹山越しに見る富士山は、
 牧水の俳句とともに見ると一段と
その彼差を感じ取る事が出来ます。

  駿河なる沼津より見れば
      富士が嶺の前に垣なせる愛鷹の山

  愛鷹の襞のもみじのつばらかに
      見ゆる沼津の秋日和かな






 


今年も不二高本社の廻りは晩秋から初冬の景色に
移っています。我社は、牧水が詠んでいる
富士山の垣根、愛鷹山の麓にありますので
自然溢れる中で、四季の移り変わりを
感じ取れます。
駐車場の借景の紅葉と黄葉が鮮やかです。

 

自然が一杯なのは良いのですが、木枯らしが吹いた
翌朝は大変です。
駐車場一面が落ち葉で埋もれてしまうのです。
必死に掃除するのが私の役目です。
今年は、沼津市内の黄葉が一段と見事になっています。
末吉暁子の「星に帰った少女」の舞台、間門八幡神社の
銀杏の黄葉も見事に金色に色づいています。
この季節に、ぜひ間門八幡宮を訪ねて
末吉暁子が小学生時代を育った場所を、
そして、戦後の貧しい生活の中で
さらに、両親の離別という過酷な
運命に翻弄されていく隣に住む同級生の
実話を「星に帰った少女」を読まれて
感じとっていただければ、と思います。
経済発展を謳歌し、物が溢れて家う時代にあって、
今、「貧困児童」という現象が起きています。
昭和の戦後とは違ってはいるけれど、
戦後の経済戦争の中だ生まれた
「貧困児童」という問題に
「星に帰った少女」を重ねて
しまうのです。
 
 マミ子がおりてしまったバス停は、
ちょうど神社の鳥居のまんまえだった。
バス停の標識には(八幡神社前)とあった。
・・・・・そう、正面に鳥居があった、両わきには
マミ子の背たけよりやや低い石がきがあり、
鳥居の奥に石だたみの参道がお堂までつづいて
いた。参道の両がわにこまいぬが一頭づつ、
お堂の番をしているだけで、人影はなかった。
・・・マミ子がおもわず足をふみいれてしまった
のは、境内がまるで金色のペンキでもぶちまけた
ように、あざやかないちょうの落ち葉でうずまって
いたからだ。
 
 

 
  










カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]