忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

わが社が沼津市の業者とブランディングした
「炭蔵熟成ひもの」が沼津市のふるさと納税の
返礼品になっています。
ショッパイだけの干物とは次元の違う美味しい干物を
開発した「百年炭蔵」CFS製法は、炭と光技術で
天日干しを凌ぐ美味しさ追求しました。
どうぞ、沼津市にふるさと納税(10,000円)して、
「炭蔵熟成ひもの」をゲットして下さい。

  

 返礼品は写真と少し異なります。
  真 ア ジ ・・・6枚
  金 目 鯛 ・・・2枚
  さば文化干し・・・2枚

  メーカー:(有)かねせい水産

PR
今年の河津桜は、私達の世相も知らず、
満開の花をつけていました。
昨年は、伊豆縦貫道の途中の料金所で、まだ昼の12時だと
いうのに、「今からだ着くのは夕方になるよ」と言われ、
戻ってきてしまうほどの大渋滞でした。
今年は、すいすい走れて1時間ほどで河津に到着してしまい
ました。途中、すれ違った観光バスはなんと3台ほどで、
あの東日本大震災の時のようでした。
到着した会場の駐車場にも観光バスが見当たりません。
ほとんどが、自家用車ですが、毎年くるくる回って
やっと駐車できるくらい混雑していましたが、今年は
すんなり駐車できました。
まだ2月のはじめなのに、満開の桜を楽しみました。
お目当ての、「河津屋のワサビ漬け」をたっぷり
買って帰りました。





 


今年も富士市の毘沙門天祭に参拝し、
金のだるまに開眼して頂きました。

 

まだ、新型コロナウィルスが日本に感染が
広がらない頃、毘沙門天は昨年同様の
賑わいでした。



 

おみくじは、最初は凶、もう一度引き直して
大吉になりました。
社員が交通事故を起こし、特に交通安全祈願を
して戴いた後ですから、おみくじの内容に
一喜一憂してしまうのも人間の性ですね。
凶のあとの大吉のお導きの通りになったのです。
相手方の飛出しが認められ、社員にお咎めなしに
なり、反則の点数もとられずにすみました。
御祐助をこうむったのだと思います。

1月13日、成人の日に、寒川神社に「八方除け」の
お礼参りに行きました。正月の初詣の混雑もそろそろ
落ち着いてくるかと思って出かけましたが、なんと、
駐車場は大渋滞で、何とか有料の場所に停めることが
出来ました。 
 






 
 
 特別祈祷の長い列が続いていましたので、この日は
祈祷を断念して参拝だけにして、寒川神社の凄い
「おみくじ」をひきました。
願い事を「おみくじ」で答えてくれるのですが、
とにかく寒川神社の「おみくじ」が凄いのです。
昨年は、会社の幹部3人が全員黄色(金運・
商売繁盛・職業反映・招福)のおみくじを、
白・紫・赤・青・黄の5色が混じった箱の
中から引いたのでですからまさに奇跡です。

今年は、健康と心願成就、良い人材、長く
取引できる企業との良縁を願って参拝しました。
最初にひいた「おみくじ」は、赤の吉 、
もう一回ひいた「おみくじ」は、紫の大吉です。  
赤のおみくじは、縁結び・家庭円満・人間関係です。
(願望)ねばり強い挑戦でかないます。
(仕事)少しずつ認められます。地道に。
(健康)規則正しい生活で体調管理を。
(待人)来ます。喜びあり。

紫のおみくじは、健康回復・長寿・身体健全・病気平癒です
 (願望)首尾よくかないます。自信を持って。
(仕事)自己投資すれば、やがて大きな成果に。
(健康)まず問題なし。過信はしないこと。
(待人)来ます。まず音信あり。

私の願いに答えてくれました。
さあ、これから奇跡の始まりです。
  寒川神社参拝の後、
秦野市平沢に鎮座する 出雲大社相模分祠を
参拝することにしました。
今年は特に、社員募集、良い人との出会い、
良い企業との出会いを祈願しました。
出雲大社相模分祠は、
「縁結びのだいこく様」として知られ、
大国主大神・事代主大神・合祀祭神23柱を
祭っており、人の良縁、社会や会社の縁結び
に御力を発揮する、と伺いました。









 
 
 
  
関東の出雲さんは、ちょっと珍しい、
2礼、4拍手、1礼の 参拝です。
祈願をしてから、「おみくじ」をひきました。
見事、1回で大吉を当てました。

「 ふる雨は あとなく 晴れて
  のどかにも ひかげさしそう
  山ざくらばな 」
  
 御祐助をこうむって 福徳増し
 なお日に進んで 望み事は
 心のままになる
 しかし それについて 
 心驕り身を持ち崩して
 災いを招く恐れあり
 心正直に行い
 正しく身を守りなさい

(願事)思いがけぬ人の助けありて叶う事あり
(商売)売買何れも吉
(病気)信神で平癒す
(待人)来る つれがある

寒川神社と出雲大社で、こんなにどうするのかと
思うほど お土産を買ってしまいました。

これからが、奇跡の御利益の始まりです。
帰宅したその晩、近所の方が、籠一杯の「キンカン」を
持ってきてくれました。お返しに、寒川神社のお土産を
お礼に渡すことができました。
次の日、今度は同級生が、またまた籠一杯の「ハヤトウリ」を
持ってきてくれました。ここでも、お礼に寒川神社のお土産を
渡すことができました。
あんなに買ったお土産は、ご近所にも分けて全部なくなりました。
これだけではありません。
奇跡の御利益はこの後からのお話です。
参拝後の15日、取引の無い会社から一通の封筒が
郵送されてきました。
秋田県能代市からです。
郵送y元をよく見ると、高齢のため、
昨年廃業をした取引先から地元の企業を紹介する
会社案内が入っていました。
実は、松の内に、思いかけずに、年賀状が届いたので、
早速、「ご健康と長寿を祈念します。」と賀状を
返信しましたが、
貴社が廃業してから商品の良い製造工場が見つからなくて
困っています、と加筆しておいたのです。
きっと、廃業後でも当社のことを気に掛けていて
くれたのでしょう。
返信を見て、わざわざ同業者の企業に出向いて、
状況説明と会社パンフレットを戴き郵送してくれたのだと
思います。
紹介頂いた企業の社長様に早速電話したところ、
本当に快く、新規取引の話が進みました。
本格的な取引はこれからですが、
これって、奇跡だと思いませんか。
寒川神社と出雲大社相模分祠の御利益と感謝、感謝です。








昨年末に、静岡県水産技術研究所の指導で、
アジの開き干しの試食による官能評価試験の
プレ対比実験を実施し、呈味の凄い違いに
全員がびっくり・・・・
「こんなに味に違いが出たから、良く売れているんだ!」
生産者から、思わず漏れた一言。。。
実は、導入前のアジ干物とアミノ酸成分量(旨み成分量)試験で
比較することは出来たのですが、食べ比べることは
生産者でも出来なかった事なのです。
独特の臭いと塩っぱいだけのアジ干物が、
臭いも無く、塩味も薄く、甘み、後味や食感が高評価の
「ふわっとした」アジ干物に大変身したのです。
研究所の指導者からも、アミノ酸成分量の増大と塩味の薄さは、
減塩食品としても健康食品として評価できるのではないのか、
との助言を戴き、百年炭蔵CFS製法の発明者として
大変自信がつき、この製法で生産された商品を、広く消費者の皆様に
知って貰えるように、「炭蔵熟成」の認証シールを作りました。
この「炭蔵熟成」干物は、沼津市の(有)かねせい水産、
同じく沼津市の㈱五十嵐水産で製造されて、各地のスーパーなどで
販売されておりますので、「炭蔵熟成」認証シールをご確認の上、
お買い上げ下さい。







次のページ   ≫
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]