忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2
4月13日(土)下田市にある上原美術館で
「伊豆半島 仏像めぐり」と「画家たちの旅」の
特別展示を4月6日~6月30日まで開催している
ことを朝のテレビで知りました。



「思いたったら吉日」とやらで
早速、妻を誘って、久し振りの美術館観賞に
出かけました。
伊豆の山あいは、木々の芽ぶきが目に鮮やかです。
山桜もまだまだ満開で春本番です。
河津から国道414号は更に山合いを通って
下田に向かいます。
下田市に入るとすぐに上原美術館の看板が
目に入ります。


駐車場から美術館の入り口
隣のお寺(向陽寺)との間の石段を登ります。
(エレベーターも有ります)
・・・それにしても土曜日なのに駐車場が
ガラガラで、これこそ穴場ですね。・・・・







広い庭園を取囲んで、仏教館と近代館があります。







「画家たちの旅」では、梅原龍三郎、牛島憲之
ルノワールが見た風景―と題してパステル調の
柔らかな色彩の巨匠達の絵画が展示されています。
近代館のカフェコーナーで伊豆の山々を背景に
ちょっと一休み出来るのも楽しい一時になりました。





仏教館では、近現代の130体もの仏像が
展示してあり、目を見張るばかりです。
仏師の繊細な彫刻の彫りに感嘆させられました。

仏教館では、「伊豆半島 仏像めぐり」と
題して、14年ぶりの寺外展示されています。
伊豆の歴史と繋がりのある仏像の観賞のしかた
に気付かされました。










PR
故末吉暁子の代表作の一つ「星に帰った少女」の舞台、
沼津市の間門八幡神社の桜も満開になりました。
今年も又、秋の祭典の開催に向けて、腸内持ち回りの当番町と
新しい祭典委員が活動始める4月になりました。
故末吉暁子と故郷・沼津の関わりを忘れないように。。。
そして、こんなに小さな神社を舞台に壮大なファンタジーが生まれ
「日本児童文学者協会新人賞」・「日本児童文芸家協会新人賞」を
受賞、一躍脚光を浴びたのです。彼女の登竜門となった
この間門八幡神社は、児童文学に憧れる少年少女の聖地といっても
過言ではなとでしょう。
 10月の秋の八幡神社祭典が終わり、11月の中旬になると、
「星に帰った少女」のストーリーそのままに黄金色のじゅうたんを
敷き詰めたような境内になります。
ラブライブに踊る沼津ですが、井上靖・芹沢光治良という大文学者、
 俳人若山牧水・明石海人や詩人勝田香月、児童文学の末吉暁子など、
そこには実際に生きていた人間模様があるのですから。。。



 
今年も、沼津市の国道一号線沿いの桜並木が満開です。
原町に入ると国道一号線と沼川の間を車で通行出来る
区間があります。
今日は月曜日なので見物人が少ないので車で通行して
みました。あいにく午前中の雨で大分花びらが散って
いましたが満開の桜の真下を走れるなんて
何と贅沢な事でしょう。

 



 


地元の穴場ではなくなってしまいました、世界の穴場です。
伊豆の国市・韮山反射炉が、
明治日本の産業革命遺産で世界遺産になりました。
伊豆長岡に宿泊したので、混みあっているのを覚悟して
行ってみました。
 

世界遺産登録の効果は、やっぱり凄いです。
登録前には観光バスなど来ていなかったのですが
ご覧の通り、ひっきりなしの状態です。



 
 江川坦庵像と反射炉
観光客の撮影ポイントです。


ユルキャラの「てつざえもん」です。
子供達に大人気でした。
日曜日でしたので、
まだ午前10時なのに、お土産屋さんも会計場所には
行列が出来るほどの混みようでした。
反射炉の周辺は、駐車場を広げる工事中で、
一年後にはもっと変貌してくでしょうね。

今年も、三島信用金庫・片浜支店の同友会が
主催した狩野川花火大会に参加しました。
毎年、順番にお客様を迎えて観覧しています。
今年は、妻の弟夫妻をお呼びしました。
5時30分に受付して、7時30分の花火大会の
開催まで、食事会です。毎年、片浜支店だけで
でしたが、今年は長泉視点と協賛になりました。
宴たけなわの頃、リバーサイド・ホテル慣例の
サンバ隊の余饗になります。



沼津市の経済の落ち込みなのか、今年も打ち上げ数は、
さらに少ないようでした。
でも、ご招待した皆さんは、特等席からの花火に
感激して下さっていましたのがうれしかったですね。
4Fでの鑑賞は、ちょっとリッチな気分になりますものね。
経済界の方々が、ホテルを会場にしているのが
興味を持たれていました。
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]