忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
故末吉暁子の代表作の一つ「星に帰った少女」の舞台、
沼津市の間門八幡神社の桜も満開になりました。
今年も又、秋の祭典の開催に向けて、腸内持ち回りの当番町と
新しい祭典委員が活動始める4月になりました。
故末吉暁子と故郷・沼津の関わりを忘れないように。。。
そして、こんなに小さな神社を舞台に壮大なファンタジーが生まれ
「日本児童文学者協会新人賞」・「日本児童文芸家協会新人賞」を
受賞、一躍脚光を浴びたのです。彼女の登竜門となった
この間門八幡神社は、児童文学に憧れる少年少女の聖地といっても
過言ではなとでしょう。
 10月の秋の八幡神社祭典が終わり、11月の中旬になると、
「星に帰った少女」のストーリーそのままに黄金色のじゅうたんを
敷き詰めたような境内になります。
ラブライブに踊る沼津ですが、井上靖・芹沢光治良という大文学者、
 俳人若山牧水・明石海人や詩人勝田香月、児童文学の末吉暁子など、
そこには実際に生きていた人間模様があるのですから。。。



 
PR
今年も、沼津市の国道一号線沿いの桜並木が満開です。
原町に入ると国道一号線と沼川の間を車で通行出来る
区間があります。
今日は月曜日なので見物人が少ないので車で通行して
みました。あいにく午前中の雨で大分花びらが散って
いましたが満開の桜の真下を走れるなんて
何と贅沢な事でしょう。

 



 


沼津市東部に珍しいツィンレインボーが出現しました。
まさに、今日は次代の元号が「令和」と発表された日
でしたので、自然現象にも変化が起きたのかも・・・
会社の事務室にいた社員もちょっと手を休めて
珍しいツィンレインボーを眺めました。

 

 

我家の大型木製植木鉢は築24年になりました。
当時の最先端技術で防腐・伸縮防止処理した
AZスーパーウッドで作りました。
24年もの間で、数年前に鉢上の板を補強しましたが、
側面のロッグ調の杉板は塗装直しを1回しただけでした。
今回は側面板の下部分が流石に腐食がすすんでいる
ようですので、10cm巾の巾木を2段に廻すことに
しました。
巾木の材料は、不二高㈱に残っていた材料を購入した
米ひばAZスーパーウッドに、防腐・防蟻用木炭塗料
ヘルスコ・キュアーを使用しました。
写真の黒色の部分が木炭塗料です。
茶色部分は、㈱アーテック製の外部用水性塗料PQコート
です。今回はカフェ色で塗装しました。
















不二高㈱西沢田倉庫が市道の拡幅計画のため
増築部分を解体することになりました。
建物が南向きの為、台風の度に軽量シャッターが
よく壊れてしまったため、風防室として囲いを
作ったのですが。。。。
建物の前の農業用水路は道路計画で暗渠になり
その上は歩道になります。
解体工事は建物を作った鉄骨屋さんにお願い
しました。








 


カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]