忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
静岡県が進めている健康長寿の住まいを
炭X電子ヘルスケア住快適空間創造技術で
ご提案すべく活動していますが、
不二高・本社では道路沿いにのぼり旗を
立ててPRしています。





森林浴をしているような良質な空気の中で
健康な身体と心地良い眠りを体感して下さい。
不二高では、エアメディック搭載
「免疫活性住宅セレブ・4Dホーム」の
ボランタリーチェーン展開しています。


PR

高齢者を含め、交通事故が多発しています。
我社でも、数十年ぶりで、入社間もない社員が
追突事故を起こし、他人事ではなくなつています。
昨年、35年間役職に就いていた安全運転管理者を
後輩に譲って、初めての事故でした。私の代でも
数件の事故があり、それからは毎朝の朝礼で安全運転唱和を
続け、事故は激減し、昨年には「優良安全運転事業所」の表彰を
戴いておりましたので、本当にガックリし、
ショックも大きかったです。
交通事故は企業の存続にも拘わりますので、
さらに気を引き締めていかなければと猛反省です。
さて、私も昨年、高齢者講習を受けて免許の更新を
しました。いつの間にか、高齢者の仲間入りを
してしまった感じです。多くの事故をニュースで
観ているのですが、高齢者の事故の多いのは
人口に占める割合が激増したのだから多くなるのは
当り前ですが、車の進歩に係る事故が多いのでは
ないでしょうか。
つまり、高齢が原因より、車に原因がある、と、いうのです。
1つの原因としてオートマとハイブリッド車の増加と
言われています。マニュアル者ではクラッチの操作が
あることで運転に集中出来ること、加速するには
3段階、もしくは2段階の操作をしなければならず
慎重になることと、急発進しなくなることだと言われて
います。ハイブリッドはとにかく加速スピードが早い事、
とエンジン音がしない事で、スピード感が感じられなくなります。
先日の大事故の車両が、T社のP車でした。
最大原因は、アクセルペダルとブレーキが隣に並び、
同じ踏む動作だと言われています。
人は危険な場面で、緊張すると踏みしめる動作を必ずするのだ、
と、医学的にも人間工学的にも照明されています。
今から25年前に、ナルセ機材(有)とい熊本県の中小企業が
「ワンペダル」を発明しました。数年前には、「夢の扉」で
TV放映されました。



足を常時乗せているのはブレーキペダル上であって
アクセルは足を側面に拡げて操作するタイプです。
ドライバーにとって、咄嗟の危険に対する条件反射
に最も安全性が高いと評価されています。
なぜ、ナルセペダルは普及しないのでしょうか?
なぜ、メディアはこんなにもアクセルに関する
事故が多発しているのに声をあげないのでしょうか?
自動車メーカーが進めている自動運転化への
開発スピードが鈍くなってしまうから。
自動車メーカーは変化をしたくないから。
メディアは自動車メーカーの莫大なCMスポンサーを
刺激したくないから、ナルセペダルを知っていても
報道したくない。
こんなことでしょうね。。。。
でも、多くの非劇が生まれている以上、
もはや、声を上げる時なのだと思います。
私は、本気でナルセ機材(有)の
「ワンペダル」に変えることを決断しています。
取引先の整備会社で取替可能な車種なのか
確認してもらいます。



4月14日(日)富士宮市井出の狩宿で
『頼朝公 富士の巻狩祭』を開催の
記事が新聞に掲載されていました。
狩宿の井出家は妻の親戚筋にあたり、
それでは様子を見てこようか・・・
ということで、次男家族を誘って
出かけてみました。

ニュースの如く「駒止の桜」が見事に
満開でしたので、紹介しますね。
今日は、残念ながら富士山の山頂が雲に
覆われてしまいました。昨日なら
絶景だったことでしょう。







 











下田・上原美術館から松崎を通って土肥金山に
向かいました。このコースは途中に
道の駅「花の三聖苑伊豆松崎」があり、
そこから海岸までの川の両堤が桜の名所「千本桜」
が連なっています。先日、TV放送していました。



海岸線を土肥に向かって走ると
富士山の絶景ポイントがあります。
空地に車を止めてしきりに写真を
撮っているグループや我族連れが
いましたがほとんどが外国人でした。





駿河湾に浮かぶ富士山が撮れました。
もう少し絶景ポイントもありましたが、
外国人に占拠されてしまいました。
西伊豆町で少し下草刈や笹の剪定の
事業で観光資源として見直すと良いのに、
と思いました。但し、看板立てたりしないで
日常の景色に見せる整備くらいで済ませるのが
コツだと思います。


 
 
4月13日(土)下田市にある上原美術館で
「伊豆半島 仏像めぐり」と「画家たちの旅」の
特別展示を4月6日~6月30日まで開催している
ことを朝のテレビで知りました。



「思いたったら吉日」とやらで
早速、妻を誘って、久し振りの美術館観賞に
出かけました。
伊豆の山あいは、木々の芽ぶきが目に鮮やかです。
山桜もまだまだ満開で春本番です。
河津から国道414号は更に山合いを通って
下田に向かいます。
下田市に入るとすぐに上原美術館の看板が
目に入ります。


駐車場から美術館の入り口
隣のお寺(向陽寺)との間の石段を登ります。
(エレベーターも有ります)
・・・それにしても土曜日なのに駐車場が
ガラガラで、これこそ穴場ですね。・・・・







広い庭園を取囲んで、仏教館と近代館があります。







「画家たちの旅」では、梅原龍三郎、牛島憲之
ルノワールが見た風景―と題してパステル調の
柔らかな色彩の巨匠達の絵画が展示されています。
近代館のカフェコーナーで伊豆の山々を背景に
ちょっと一休み出来るのも楽しい一時になりました。





仏教館では、近現代の130体もの仏像が
展示してあり、目を見張るばかりです。
仏師の繊細な彫刻の彫りに感嘆させられました。

仏教館では、「伊豆半島 仏像めぐり」と
題して、14年ぶりの寺外展示されています。
伊豆の歴史と繋がりのある仏像の観賞のしかた
に気付かされました。










カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]