忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
沼津市の水産加工企業の
既存の干物の乾燥機を
「百年炭蔵」に大改造する
プラント工事を進めています。
沼津市の干物加工企業への導入
2社目になります。
ブログ「天地人」でもアップしておりますが、
工事状況をご紹介します。 
既存の乾燥機の内部が
機能空間に生まれ変わる工程を
ご覧ください。







ステンレス壁面に、プライマー塗装します。
長年の使用で表面の状態が悪くなっています。



面電極ヘルスコ・ボードを貼り上げます。
天井面を貼り上げて、壁面を貼っている
途中です。







面電極ヘルスコ・ボードを全て貼りあげて
ボードのジョイント部分を繫げていきます。





ジョイント箇所を高機能半導体木炭塗料を
タッチアップします。



仕上げのプライマーを塗布、
暖衝材(黄色の部分)を固定して
巾木、コーナー、金属ボルトとの
取り合いに、シリコンコ―キングを
施工して完成です。



テラヘルツ波用負電位発生装置
「エア・メディック」のスイッチを
ONして稼働準備OKです。





PR
素人ではなかなか思い切った手入れの
出来ないのが庭の樹木の剪定です。
数年ごとに依頼している
沼津市西間門の(有)稲葉植物園さんに
会社の緑地帯の樹木の剪定、隣地の竹林の
伐採、西沢田の流通倉庫の雑草の手入れ、
そして姉宅の大きな柿の木の剪定を
いっしょにお願いしました。
姉宅の柿の木は、ちょっと可愛そうだが
思い切って丸坊主にしてしまいました。



流通倉庫は、農業用水路の側に
おい茂る葦とはまゆうを伐採しました。
さっぱりしました。



そして、西熊堂の本社の緑地帯の剪定を
お願いしました。
園芸店で気ままに買ってきては、
植えたのは、柿の木、蜜柑、柚子、
オリーブです。
金木犀も伸び放題です。
そして、社屋横に高く成長しているのが、
社屋の移転時に植えた、
記念樹の夏椿です。
すっきりと、剪定して戴きました。











システムキッチン流行りの中、
奥行き56cmのステンレス天板に
こだわったお客様から、
3点セットの取替工事を依頼されました。
ご希望のキッチンは、
タカラスタンダードの木製キッチン
P型ノーマルです。



流しの床板が腐蝕していることと、
排水口の位置がずれていることで
床下地合板と床材を点検しました。
やはり、下地合板が傷んでいましたので
貼り直して、床材も近似品に貼り直し
しました。



キッチンを据え付けて、
壁面との隙間にシーリングして
完成です。
世の中が贅沢になっている中で、
「老夫婦の生活には、
これで十分です。」
と、仰られている
ことに納得です。
床の補修も出来たので
お客様が大喜びされていることで
リフォームの仕事の
原点を思い起こしています。
今年も、5月20日・21日に
沼東剣道部高17回同期会を
ハートピア熱海で開催。

今年も幹事はK君。
大阪、千葉に居住する者も
含めて、9名が集まりました。

昨年に社長の座を後進に譲り
取締や会長なった者が2名、
関連企業の相談役に
なった者、既に悠々自適に
老後を楽しんでいる者、
皆、どこかに持病を抱えながらも
元気な顔が揃いました。





瑞泉寺の客殿の障子に、
建具職人でも忘れてしまった
伝統技法が残っていました。





障子の建て付けを直すのに、
細い框を鉋で削ってしまうのではなく、
細い組子や削いだ竹を筋交いに入れて
変形させてから、障子紙を貼っています。
細い框を削ってしまっては、強度が
落ちてしまう障子への工夫ですね。
それ以上に、障子を製作した建具職人さんへの
思いやりを感じます。
心をこめて作った建具を
削ってしまうのではなく
建て合わせる技術です。



細い障子の框に引手を彫り込むのではなく
一枡の障子紙を切って二重張りにする
技術です。
一般的には十文字切りにするのですが
瑞泉寺伝統の切り張りの形です。
建具職人さんや表具師さんの
心意気を感じさせて
くれる仕事を観ました。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 9
10 11 12 13 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]