忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
6月8日(金)~9日(土)、
不二高㈱社員研修旅行は、一泊二日の
「東京・神奈川の旅」です。
急速に発展し続けている東京・神奈川は、
近くてもよく知らない観光地が沢山あります。
今年は、新入社員の歓迎会も兼ねて
総勢23名の団体旅行になりました。
大型バスの貸切でゆったりのバスの旅になりました。



6月8日(金)
沼津駅7:15・・・・不二高本社7;30・・・・東名・首都高経由・・・・10:00アイカ工業
東京ショールーム見学・・・・12:40上野・今半で昼食・・・・13:50上野公園散策・
・・・15:30東京スカイツリー・・・・17:15浅草・ホテルヴィアイン浅草チェックイン
・・・・18:00浅草吾妻橋から屋形船にて貸切歓迎会・・・・20:00ホテル・チェックイン後
自由行動

6月9日(土)
8:45ホテル出発・・・・浅草散策・・・・首都高経由・・・・12:00鎌倉散策
・・・・14:30江の島散策・・・・新湘南バイパス・首都高・・・不二高㈱本社
・・・・沼津駅

不二高㈱静岡営業所は5名全員参加(新入社員1名)、本社は
新入社員2名を含め、社員研修旅行が初めてという社員が多く、
バスの中では会話がはずんでいました。

それでは、アイカ工業東京ショールーム見学から
ご紹介していきますね。
お楽しみに。。。。。




























PR
愛知県にお住まいの方が来社されました。
お話を伺いますと、
ホームセンターで購入した合板で机を作ったところ、
体に異変が・・・・。
ホームページで弊社の健康建材「ヘルスコボードⓇ」が
目にとまり、弊社への来社になりました。
「ヘルスコボードⓇ」は、もう10数年前に社会問題に
なった化学物質過敏症への対策建材の開発で商品化された
健康建材です。
遠方からいらっしゃったお客様ですので、
数枚の御注文でしたがサンプル受注として
製作させて頂くことにしました。
ご希望は、
「ヘルスコボードⓇ2000/チャコールブラック色」です。
このような時は私の出番です。
早速、製作に取り掛かりました。

仕様は、3mm厚シナ合板
910X910・・・・1枚
455X910・・・・2枚



 

木口部分も塗装仕上げをご希望のため、
裏面をしっかり養生してから
ヘルスコートを塗布します。
仕上げ面をよりフラットに仕上げるため、
毛長8mmローラーで3回塗りをしました。





仕上げは「ヘルスコート・カラー墨色」2回塗り。
ローラー仕上げですが、きれいに仕上がりました。

今晩、乾燥させて明日、出荷します。
健康被害が改善されると良いのですが。

お住まいをセレブリース・4D・スタイルⓇに
改装することをお薦めしましたが、
昨年新築したばかりとの事で、
見送られることになりましたが、
弊社の免疫活性住宅「セレブ・4Dホーム」を
ご紹介することが出来ました。
和風高級住宅の玄関格子戸の取替工事を行いました。
新築時は最高級の欄間付の桧調4枚引き違い戸も
少し色褪せて鍵の不具合が発生、何度か取り換えたのですが
いよいよ本体のリフォームを決意したとの事です。
お施主様の選ばれたのは、
LIXILリシぇント槇調13型横太格子欄間無しタイプPG仕様です。
玄関リフォームは1日で終わらせなければなりませんので
既存サッシのステンレス下枠のレール凸部の撤去と下地調整を
苦慮していました。
結局、15分乾燥の強化セメントとコ―キングを用意して
工事に着手しました。

 
  既存玄関サッシ(9尺間欄間付)








完成しました。
お客様が大変お慶びになりました。
代理店様の自社ビル基礎に液状活性触媒炭「ヘルスコキュアー」を
施工しました。
沼津インターの入り口という好立地に自社ビルを移転させる工事です。
愛鷹山の裾野の緩やかな斜面のため、基礎髙が1Mにもなり、
この空間の空気デザインが課題でした。
基礎空間に換気口がとれな事に加え、上段隣地の地下水分からの
湿気対策の必要性を考慮して、
ヘルスコキュアーの防蟻、防腐作用、調湿、消臭、抗菌作用を
普段からご存知の代理店様ならの将来予測を見据えての
ご採用になりました。
約200平米の床面積、エアレス塗装機を使用して
吹付けをお手伝いしました。
施工の状況をご案内します。













エアレス塗装機とヘルスコキュアー



ヘルスコキュアーの検品







 

基礎立ち上り部分はローラー塗装して完成です。
パイプ配管のあるピットは高さ90cmまで塗装しました。

末吉暁子(戒名 清文暁光大姉)の3回忌法要を
菩提寺の鎌倉瑞泉寺さんで家族と近親者で執り行いました。
2年が過ぎ去ったのですね。
早朝の強風が嘘のように青空が広がりました。
瑞泉寺境内の墓参の時には
昨年と同じように、アゲハ蝶がひらひらと
私達の周りを舞っていました。

 
在りし日の末吉暁子







 



新緑の瑞泉寺さんには、この日も多くの
観光客が参拝していました。
夢窓国師が作庭した 庭園の池には
水が満ちて一年ごとに
落ち着いてきています。
庭園のスポットを少し紹介いたしますね。





 


 
 
 
 
 















 

振り返れば、彼女が旅立った年は、奇しくも
私が、末吉暁子の代表作の一つでもある
「星に帰った少女」の舞台、故郷沼津市の
間門八幡宮の祭典委員長に仰せつかった年でした。
秋の祭典に、「星に帰った少女」とのコラボを
試みて地域の方々に感動して戴きました。
私にとっても、彼女を思い出し、
いつまでも語り継がれる
良い思い出になりました。
それから、昨年は
河津町の河童の壺伝説の栖足寺さんに
富士市に住んでいる陶芸作家の姉に
製作依頼して、
「恋炭物語・河童の壺」を
奉納しました。



 



 

「雨ふり花さいた」 はお読みになったでしょうか。
「星に帰った少女」と同じように、
末吉暁子の作風である、現代と過去をいきかう
主人公の少女と東野の座敷童子との交流が
描かれています。
この座敷童子は甲羅のない河童族なのだと
彼女は描いています。



 栖足寺さんの「河童の壺伝説」の中で
河津の河童と東野の座敷童子が
私の中で繋がりました。
そして、再度栖足寺さんを訪ねた時、
「河童の壺」のせせらぎの音を
聞くことが出来ました。
この壺は、その時、
河津と東野を繋いでいる
時空の出入り口なのだ、
と感じました。
「雨ふり花さいた」を
ご住職さんに謹呈致しました
ので、皆さんが
栖足寺さんをご参拝した時に
是非、感想をお聞きになって
みては如何でしょうか。



  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]