忍者ブログ
不二高社長のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
今日は、玄関に、
マツ六のポーチXを施工しました。
埋め込みタイプを採用し、
玄関ポーチの階段とドアの開閉時での
安全性を高めました。









 

PR
1年以上も保管してあった
木製障子のワーロンシートを
剥がしてみたら
接着力の凄さに脱帽しました。





ワーロンシートを無理やり剥がしてみたら
組子が割れてしまいました。
ワーロンテープの経年劣化を
心配していましたが、
実際に剥がしてみることで
耐久性を証明することが出来ました。
サビついたユニットバスのリメイクを
アイカ バスフィットパネルで行いました。
16年程経過した大手メーカーの鋼板製の
ユニットバスにサビが発生して、壁面を
リメイクすることになりました。
お客様が選んだのは
アイカ バスフィットパネルです。







表面のサビは小さいけれど
化粧樹脂シートを剥がすと
サビはパネルの腰半分に
広がっていました。
ケレンしてペーパー掛けして
サビ止のプライマーを処理
しました。











アイカ バスフィットパネルの品番は
BFG 18314です。
明るい浴室にリメイクできました。

庭への出入りが多い居間のテラス戸に
補助手すりを取り付けました。
市販の手すり支柱の長さが短かくて
使用できなかったので、長さ165㎝の
角柱を立ててブラケットで手摺棒を
付けることにしました。
今回の工事は、支柱の全てを
独立基礎で工事する特殊な
事例です。







 

通常、建物壁面にブラケットを取付けて
横揺れ防止の固定をしたかったのですが
躯体の壁がタイル仕上げの為、
お客様の要望で壁面固定を
中止しました。
短スパンに支柱が2本必要ですので
ちょっと気になりますが仕方ありません。
独立基礎の埋め込み長さは45㎝有りますので
強度は充分出ました。

無垢桧縁甲張りの豪華な浴室も年月には勝てず、
腐食したり、変色して表面はカビだらけです。
今回、こんな浴室のリメイクを依頼されました。
オーナー様にお薦めしたのは、AICAXFUJIKOの
PBブランド「ナチューラ」です。
静岡県産ひのき間伐材節有り柄を忠実に再現した
 セラールを不二高㈱オリジナル製品として
企画販売しております。
既に、保育園の室内壁、老人ホームの浴室壁、企業の
トイレ壁面、住宅のリゾート風浴室の壁での
施工実績があります。

それでは、浴室リメイクの工程をご紹介します。

【 既存桧縁甲壁のカビ取りと腐食部分の補修作業 】

 
8月4日、午後よりカビ取り作業。
カビ取り材は、アーテック㈱が販売している
「レトロエイト(次亜塩素酸溶液)」を使用しました。

  



8月5日、既存桧縁甲板の補修と下地張り作業。

腐食箇所の板を切除して、新しい材料に
張り替えました。

【 硅カル板下張作業と天井バスフィットパネル張り 】

 セラール張りの下地として、プライマー塗布を施した
硅カル板6㎜厚を接着剤とビス止を併用して施工しました。



 

 

天井のバスパネルをビスで固定し直しました。
仕上げ材は、軽くて施工が容易なアイカ工業の
バスフィットパネル(BFG18313)を
両面テープと接着剤併用で貼りました。

【 ナチューラ・バスルーム用セラール張り 】

8月6日、いよいよ「ナチューラ」張り作業。







 
窓枠はユニットバス用の樹脂製窓枠を使用しました。
ひのき間伐材節有り柄セラール「ナチューラ」は
目地コ―キング工法できれいに会い上がります。
ナチューラの仕上がり感、如何でしょうか。


カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]