忍者ブログ
不二高社長のブログ
[586]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578]  [577]  [576

先月、「星に帰った少女」の舞台・沼津市西間門の
八幡宮秋の祭典は大盛況に終わりました。
そのお礼もかねて、がんこちゃん先生(故末吉暁子)の
墓参に鎌倉の瑞泉寺に行ってきました。
今回は電車を使用しました、乗り換えの都合で
沼津駅・・・・・熱海駅(乗換)・・・・・小田原駅(乗換)
・・・・大船(乗換)・・・・・鎌倉駅
と、暫くぶりのローカル線の旅を満喫。
11月3日は祝日(文化の日)ですので、思っていたように
観光客と七五三参りで賑わっていました。
鎌倉駅から瑞泉寺まではタクシーに乗って
約15分くらいです。
北端にある瑞泉寺まで来ると静かですが、
それでも平日よりは観光客が次から次に
観えていました。
墓地前の駐車場でタクシーを降り、
清文暁光大姉(末吉暁子の戒名)の眠る
お墓に供花とお線香を手向けました。
少し、お酒を嗜んでいた彼女にと、
陶芸に秀でているすぐ上の姉が、
自作のお猪口に注いだお酒も
墓前に供えました。







お花を供えていたら、小さな蝶が飛んで来ました。
「あっ、暁子が来たよ!きっと喜んでいるんだね。}
皆、同じことを考えたようです。
お酒を注ぐと、暫く舞って又、
静かに飛び去っていきました。
少し早く逝ってしまった故人を偲び、
故郷の富士市の「田子の月」のお菓子を
住職の奥様に手渡してお位牌に
お供えしてして戴くことにして
鎌倉の街を歩いてみることに
しました。

















 
 
 

   
吉田松陰先生留跡碑


歌人 山崎方代の碑

夢窓国師・大宅壮一・久保田万太郎・
吉野秀雄・川端康成・永井龍男・大佛次郎・
高浜虚子などの
瑞泉寺ゆかりの文人・歌人の碑が
あります。
今日は、参道を下って総門まで
歩いて行く逆コースです。

 
 








 

朝晩、急に気温が下がってきたので、
そろそろ紅葉が観れるかと思いましたが
鎌倉の紅葉は12月に入ってからの
ようです。
次は、お正月か、桜満開の春に
来てみようか・・・。
鎌倉の街まで歩いてみることに
しました。
歩くこと1時間、途中小さなお店が
ありますから覗きながらぶらぶらするのも
面白いですね。
途中の露店で、さるなしの実のドライフルーツを
買ったり、ガレージセールのお店を
覗きながら、夜は居酒屋になる小さな
小料理屋で地魚料理で昼食をとりました。
いつものように鳩サブレーを買って、
小町通りの人ゴミを分けながら
お店を見学。
ここで、人力車に乗って45分コースで
鎌倉駅まで送ってもらうことにしました。
姉達は初めての人力車に緊張気味の
ようです。





車1台がやっとの狭い町家の並ぶ路地を
入って川喜多映画記念館の前を
通って戴きました。
おすすめの
北条政子が源頼朝のために開基した
寿福寺で記念撮影です。
ここでも、鎌倉市が寿福寺ゆかりの
文人歌人を紹介する看板を
たててあります。
海上寿子・大佛次郎・菊円文利・高浜虚子
高浜年尾・星野立子・来川稔など



 



 
 総門から仏殿までの整然とした
参道が見事です。
  
 


 
境内のビャクシンの大樹は
鎌倉市の指定文化財です。
ビャクシンといえば、沼津市の
大瀬崎が群生地として有名ですね。



 
 
 
 
 
 
  
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]