忍者ブログ
不二高社長のブログ
[588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578
11月初旬の瑞泉寺では
赤い八重咲の秋明菊が見頃でした。

 



山門から庫裏、本堂までの庭に咲く
秋明菊の濃いピンク色が
「花の寺」イメージに合います。

 


発掘途中の夢窓国師の庭園にも
秋明菊が彩っています。
紅葉もまだまだ先のようですので
まだ、岩山と空池の庭園に咲く
秋明菊のピンク色だけが
ひときは「生」を表現しているように
感じます。
ちょうど、「星に帰った少女」のストーリーの
様に感じるのです。
離婚や死を題材にしていながら、
全編を通して、母娘のシーンの中に
暖かい「生」を感じるのです。
それは、戦後父親の故郷沼津に引き上げてきた
けっして裕福ではない家庭ではあったが
末吉暁子の両親や姉妹を取り巻く家族には
明るさと希望の光が注いでいたのでは
ないでしょうか。
私自身も自分の育った環境に、陰鬱さや絶望感を
抱いたことなど一度もなかったのですから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]