忍者ブログ
不二高社長のブログ
[656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649]  [648]  [647]  [646

末吉暁子(戒名 清文暁光大姉)の3回忌法要を
菩提寺の鎌倉瑞泉寺さんで家族と近親者で執り行いました。
2年が過ぎ去ったのですね。
早朝の強風が嘘のように青空が広がりました。
瑞泉寺境内の墓参の時には
昨年と同じように、アゲハ蝶がひらひらと
私達の周りを舞っていました。

 
在りし日の末吉暁子







 



新緑の瑞泉寺さんには、この日も多くの
観光客が参拝していました。
夢窓国師が作庭した 庭園の池には
水が満ちて一年ごとに
落ち着いてきています。
庭園のスポットを少し紹介いたしますね。





 


 
 
 
 
 















 

振り返れば、彼女が旅立った年は、奇しくも
私が、末吉暁子の代表作の一つでもある
「星に帰った少女」の舞台、故郷沼津市の
間門八幡宮の祭典委員長に仰せつかった年でした。
秋の祭典に、「星に帰った少女」とのコラボを
試みて地域の方々に感動して戴きました。
私にとっても、彼女を思い出し、
いつまでも語り継がれる
良い思い出になりました。
それから、昨年は
河津町の河童の壺伝説の栖足寺さんに
富士市に住んでいる陶芸作家の姉に
製作依頼して、
「恋炭物語・河童の壺」を
奉納しました。



 



 

「雨ふり花さいた」 はお読みになったでしょうか。
「星に帰った少女」と同じように、
末吉暁子の作風である、現代と過去をいきかう
主人公の少女と東野の座敷童子との交流が
描かれています。
この座敷童子は甲羅のない河童族なのだと
彼女は描いています。



 栖足寺さんの「河童の壺伝説」の中で
河津の河童と東野の座敷童子が
私の中で繋がりました。
そして、再度栖足寺さんを訪ねた時、
「河童の壺」のせせらぎの音を
聞くことが出来ました。
この壺は、その時、
河津と東野を繋いでいる
時空の出入り口なのだ、
と感じました。
「雨ふり花さいた」を
ご住職さんに謹呈致しました
ので、皆さんが
栖足寺さんをご参拝した時に
是非、感想をお聞きになって
みては如何でしょうか。



  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]