忍者ブログ
不二高社長のブログ
[662]  [661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655
今日は、沼津市の五十嵐水産さんの
百年炭蔵P-eSPACE(干物乾燥機)を
1年目のメンテナンスを実施しました。
木製ガードを設備しましたが、やはり
ステンレス製の乾燥用ラックを収納しますので
壁面のヘルスコ・ボードの備長炭塗料面が
大分傷んでいました。
ヘルスコ・ボードの破損部のパテ埋め、備長炭塗料面の
削り落ち部分はタッチアップしてから、
エコワニスで仕上げ塗装しました。
とにかく、干物工場内の臭気に比べて、百年炭蔵内の
空気のクリーンさには驚かされます。
まったく臭わないのです・・・・。

 

   

備長炭ナノ塗料をタッチアップしてから
エコワニスを全面に再塗布しました。







 

負電位発生装置「百年炭蔵エアメディック」の横と右サイドに
「百年炭蔵P-eSPACE]のステッカーを貼って、
認証しました。
和食が進んでいる米国では、備長炭の熟成作用が認知されていますが、
日本食がまだまだ普及されていないEUでは備長炭での遠赤外線効果が
認知されていないようで、百年炭蔵のEUでの特許取得が遅れています。
木炭炭素という自然素材を用いた食品加工方法において、特許取得の
基礎となる「炭」の研究がほとんど無いに等しいようで、
日本や米国、豪州とことなって、基礎知識の段階から記述する必要が
ありそうです。
EUからのクレームの一つは減量木炭炭素の粒度でした。
日本や豪州では、メッシュ表示で了承されたのですが、
EUでは、国際基準のμm表示に換算しなさい、とのことです。
1500メッシュ以下の木炭微粒子を原料にしていますので
目開きのメッシューμmの換算式は用いられませんので粒度試験を
して戴きました。結果、中心粒度10μm以下の検査結果でした。
粉体の生産工程からして、メッシュ表示の方が実態にあっているのでは
無いかと思いますが・・・・。
侘び、寂、旨み、コク、熟成など、など、英語で表示出来ない日本語の
何と多い事でしょう。不思議な国・・・日本ですね。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]