忍者ブログ
不二高社長のブログ
[619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614]  [613]  [612]  [611]  [610]  [609
瑞泉寺の客殿の障子に、
建具職人でも忘れてしまった
伝統技法が残っていました。





障子の建て付けを直すのに、
細い框を鉋で削ってしまうのではなく、
細い組子や削いだ竹を筋交いに入れて
変形させてから、障子紙を貼っています。
細い框を削ってしまっては、強度が
落ちてしまう障子への工夫ですね。
それ以上に、障子を製作した建具職人さんへの
思いやりを感じます。
心をこめて作った建具を
削ってしまうのではなく
建て合わせる技術です。



細い障子の框に引手を彫り込むのではなく
一枡の障子紙を切って二重張りにする
技術です。
一般的には十文字切りにするのですが
瑞泉寺伝統の切り張りの形です。
建具職人さんや表具師さんの
心意気を感じさせて
くれる仕事を観ました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright (c)のりブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]